取り扱い保険会社

  • 損害保険ジャパン日本興亜(株)
  • 東京海上日動火災保険(株)
  • あいおいニッセイ同和損保(株)
  • Chubb損害保険(株)
  • AIU保険会社
  • 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険(株)
  • 三井住友海上あいおい生命保険(株)

高田信一自己紹介

新小岩駅の商店街を抜けて閑静な住宅街に入った所に「タカダ保険事務所」があります。
この道40年の高田信一は、保険代理業を通して、さまざまな経験と実績を積んできました。(柔和な笑顔と豊富な話題、自信にあふれた瞳の奥に、どんな事でも相談できる信頼感と人間味溢れる魅力を感じます。)

「タカダ保険事務所」の特徴は、損害保険から生命保険までさまざまな商品を扱い、特定の保険会社と契約するのではなく、複数の保険会社の商品の中から顧客のニーズにあった商品を選び出す、営業を行っている点。

「代理店業を始めてまもなく、アメリカへ研修に行きました。アメリカは保険ブローカー制度が浸透していたので、私も特定の保険会社の専属ではなく、複数の保険会社を扱うブローカーをやろうとその時思いました。」日本でも平成8年度に制度化されましたが、高田は数十年にわたり、アメリカの保険ブローカー制度を意識した保険代理業に取り組んでいます。

「個人のお客様もありますが、法人・団体の取引先が多いですね。複数の保険会社の特色ある商品を選べますので、お客様のリスクを的確に分析し、ニーズにあった保険を選んで紹介することができ、お客様にとっては、必要のない補償を省きコストを抑えることができます。」また、独自認可を得た柔道整復師賠償責任保険や鍼灸按マッサージ師賠償責任保険なども扱っています。「さまざまな方との出会いの中からニーズが生まれます。お付き合いを大切にしたおかげで、業務が円滑に進むこともあります。」

高田信一の主な地域ボランティア活動

地域組織活動

小松川交通安全協会(小松川警察署管内)

業界活動

  • 一般社団法人東京損害保険代理業協会城東支部 相談役(元副会長・元城東支部長)

研究団体

水上飛行機研究会(東京大学工学部航空宇宙工学科教室)研究員(損保担当)

その他

  • 明大交友江戸川区地域支部 常任幹事
  • 江戸川区松島西町会 常任理事/防災部長

他方面から信頼を寄せられる高田は、本業以外にも実に多彩な活動に取り組んでいます。
小松川交通安全協会の常任理事をしており、かつて交通違反をした路線バスを止めて、注意したこともあります。
「マナーの悪い自動車、自転車には、本当に憤りを感じます。」そんな高田が、今最も力を入れているのは、地元のNPO法人"ア!安全・快適街づくり"の活動を通じ、将来スーパー堤防化するための前提となる、江戸川区の中川放水路流域の高台化と、災害発生の緊急時には「まず自分の命は自分で守る」という住民の"自助、共助"の啓発活動です。

「スーパー堤防は先般事業仕分けの対象となりましたが、ここには必要です。
江戸川区一帯は昭和30年代以降の地下水・天然ガスの汲み上げで地盤沈下し、隣接河川の満潮時水位よりかなり低いんです。従って、いわゆる首都直下地震が発生して堤防が決壊したら、大規模水害となる危険が非常に高いのです。
私たちの孫・ひ孫の世代が、この土地で安全で安心に暮らせるよう、地元の中川放水路寄りに避難場所となる高台を何カ所か造るのを最大目標に、この運動を続けています。」さらに、航空機や人工衛星の部品を造る都内の中小企業団体と東大の航空宇宙工学科教室の教授達で主催する「水上飛行機開発研究会」にも所属。

「これは、我が国の観光資源のメッカともいえる離島と本土を結ぶための水上飛行機の開発を担う活動で、離島の経済発展に繋がると同時に、国内産業復活の柱ともなる貴重な研究です。」これらの活動をもとに、ユニークな講演会やイベントなども行っています。「私のもう一つの活動の鍵といえる『新聞メディア一刀両断』と『男のリスクマネジメント』という講演が人気です。特に後者は男性が社会や家庭でうまく立ち回るための心得をレクチャーするのですが、男性ばかりでなく、奥様方にも好評なんですよ!」
高田の人柄に興味を持たれた方は、ぜひご連絡を!



ページの上部へ戻る


COPYRIGHTc2013 Takada Insurance Office Inc. ALL RIGHTS RESERVED.